【コラム】ゲームで不愉快・悪質なプレイヤーと出会った時の最良の選択は「無視」

AngryGamePlayer-642x362

皆さん、オンラインゲームしてますか?
シングルプレイと違い、マルチプレイで避けては通れないのが…

「悪質・不愉快なプレイヤーとの遭遇」

です。
今回は、そんな状況に対してオンラインゲームを約15年プレイしている筆者が導き出した最適解を皆さんにお伝えしたい!その対処法とは…

最良の選択肢は「無視」

「そんなのわかってるよ!!」と言われそうですが、あいや待たれい、詳しく解説致します。

何故「無視」が最良なのか?

ゲームの中で喧嘩をするのは時間の無駄です。何故なら、私たちは楽しむ為にプレイしているのであって、喧嘩をする為ではないのですから。

「喧嘩をするのが楽しい!」と言うのなら止めはしませんが、往々にして周りをも不快にするのがゲーム上での口喧嘩です。

その時点で、貴方も「悪質プレイヤー」の仲間入りをしているかもしれない、という事はどうか忘れないで。

 

「無視出来ない」「相手が悪いのに我慢するの?」は言い訳

貴方がどうしても頭に血が昇って仕方ない、我慢出来ないのであれば、即座にゲームを一旦止めるべきです。
そして「自分に非は無かったか」「本当に争う程の価値があるか」を出来るだけ冷静に考えてみて下さい。

多くの場合において、「お互い様」であるか「争う暇があるならゲーム内にしろ外にしろ他の事をした方が自分の為になる」という事に気づくはずです。

例外となるケース

時として、適切な処置をもって断固として戦わねばならない時もあります。それは

  1. ゲーム外で危害を加えて来た場合
  2. 組織的な嫌がらせの場合
  3. ゲーム全体を破綻させるプレイヤーを発見した場合

といったような場合です。

1.もしも相手が自分の住所や本名、電話番号などの個人情報を利用して攻撃して来たり、SNSを通して嫌がらせをして来る場合は警察への通報やSNSでのブロック処置などが必要です。

ゲームの中で二度と話さないで済むならいいですが、相手から自宅にピザやSWATの宅配が届くようなら話は別です。己の生活を守るために戦いましょう。

 

2.クラン単位などで大規模な妨害行為や嫌がらせを受けている場合。

レアケースだとは思いますが、その様な事も起こりうるのがオンラインゲームです。
本当にゲームプレイに支障をきたすレベルで嫌がらせを受けているのであれば、ゲーム内の治安を司る運営に相談しましょう。

何らかの措置を取ってくれなければ、その様なオンラインゲームは遊ぶ価値がありません。

もっと楽しく、プレイヤーの権利を守ってくれるゲームが他にあるはずです。

 

3.これは例えば、ゲーム性を崩壊させるチートやExploitを利用するプレイヤーの事です。

昨今のゲームでは運営側の取り締まりもしっかりしている為、こういったプレイヤーに悩まされる事は少ないかもしれませんが、それでも運営への素早い連絡は取り締まりの助けになる筈です。

具体的な「無視」のやり方

チーター等の場合

・運営に通報

暴言を吐かれた、脅迫された

・ブロックやミュート機能の利用、運営に通報、マッチやその場所から速やかに離れる。

嫌がらせプレイをされた

・前述に同じく、ブロックミュートの上運営に通報。避難。

ヘタクソが居てムカつく

・貴方にも初心者だった時はあった筈です。温かい目で見てあげるか、同じレベルのプレイヤー同士でプレイ出来るコミュニティやマッチを探しましょう。

最後に…

昨今のオンラインゲームは昔と違い、悪質なプレイヤーに対する対策が個人で取りやすくなっています。

ミュート機能やブロック機能、数クリックで運営へと通報出来る機能などなど…

そして人口の多いゲームであれば、不愉快なプレイヤーが居ればそのマッチや部屋から抜けてしまえば良いのです。

クリック一つでサヨナラ出来るのはゲームならではの魅力であり利点なので、利用しない手はありません。

逆に言えば、それらの対策が無いゲームというのはプレイする価値があるかどうかを考えた方がいいと言えます。
プレイヤーの権利を大切にしているゲームは、それらの機能も充実させる筈だからです。
ベータやアーリーアクセスであれば開発者に要望を送り、実装を待つのもよいでしょう。

ただ、プレイヤー人口が少なく、悪質プレイヤー対策も不十分だがそれを超える魅力のある旧作ゲームをどうしてもプレイしたい場合は
成熟した大人の集まるコミュニティを探すか、同じ魅力を感じている友人を探しましょう。

喧嘩を拡大させ、SNSやフォーラムで無関係の人間まで巻き込むのは愚の骨頂です。ゲームをアンインストールして頭を剃り、仏門に入りましょう。

貴方に穏やかで素晴らしく、楽しみの多いゲームライフが待っている事を祈っております。