[コジプロ][DEATH STRANDING]小島秀夫監督、DS開発状況や、映画業界進出、VRについて語る-Tribeca Games Festival登壇

先日初開催となったTribeca Games Festival(トライベッカゲーム祭)にて小島監督が登壇、Geoff Keighley氏との対談を行いました。

うっかりノーマン・リーダス演じる主人公のキャラクター名を漏らしかける一幕や、スネークのバンダナについての衝撃的な事実などありつつ盛りだくさんの内容でした。

注目のタイトルDEATH STRANDING(デス・ストランディング)の開発状況やVR、映画について語った内容を以下にまとめます。

また、記事後部に応答の全文書き起こしがありますので、詳細はそちらをご覧下さい。

【KOJIMA PRODUCTIONS】「PS4新作はサードエンジンで」海外ゲームイベントにおいて小島監督が語る

ogp

スウェーデンで行われたゲームイベント、Nordic Game 2016において小島秀夫監督がQ&Aセッションを行いました。
その中で監督が明かした、PS4でリリース予定のタイトル等も含む幾つかの新情報を翻訳してお伝えします。

 

KOJIMA PRODUCTIONS 新タイトルについて

小島監督は現在、少数精鋭チームでの大規模ゲーム作成という試みに邁進しており、現状ではリリース時期についてはっきりと述べる事は出来ないと回答。
しかし、「出来れば可能な限り早く」リリースしたいという意思を示しており、「もう少しだけ」時間がかかるだろうと述べました。
加えて、監督は通常内製のツールを用いてゲーム制作する事を好みますが、今回のPS4における新作についてはサードパーティー制作のエンジンを利用するだろうと明かしました。
それは待っているファンの為でもあり、今回、世界中のゲームスタジオを巡ったのはそれらの利用可能なテクノロジーを探索する目的もあったとの事。
更に監督は「第四の壁を壊す(例えば、MGSにおいてサイコ・マンティスがプレイヤーに直接話しかけて来たように)」事について言及。
超リアリスティクな表現、プレイヤーをゲームの中に入ったような気持ちにさせるにはそれが重要だと言い、ディズニーランドを例に出して説明しました。

「例えば、色々なテーマパークがありますが、どんなに外の世界観を作りこんでいても、トイレは普通のトイレだったりします。
そこでお客さんは一気に現実に引き戻されてしまう。
しかし、ディズニーランドではトイレの中でさえも、細かい所まで世界観に合わせている為、お客様は世界観にずっと入り込める。
それがゲームにも必要」

との事。

 

「コンソールの一人用ビデオゲームは、まだ更なるポテンシャルを秘めているか?」という質問に対して

小島監督は「ゲームはプレイ時間のみで評価されるべきではないし、本当に大切なのはどれだけプレイヤーを熱中させるかだ」という考えを示したものの、
「昨今では、数日でエンディングを見るようなゲームが生き残るのは難しい」という答え。

 

MGSにおける段ボール箱が、安部公房氏著の「箱男」からインスパイアされているという話について

小島監督はゲーム制作をする上で、段ボール箱の隙間からゲームの世界を覗いてるような感覚になれる様にしたいと思っていたものの、
最初のメタルギアは2Dゲームだった為それが不可能だったとの事。

 

小島監督が「完璧主義者」だと思われている事について

自身が完璧主義者だと思われている点について小島監督は「間違いではない」と認め、しかしそれはプレイヤーが満足するゲームを作るためであり、ゲームはプレイヤーの手に渡る事で初めて完成すると自身の考えを明かしました。
小島監督は締め切りを破ったり、予定予算を突破したりといったイメージがありますが、そんな事はないと否定。
実の所締め切りを破ったのは2回程であり、いつもはスケジュールに忠実であり計画通りに開発すると述べました。

 

小島監督のプライベートについて

再優先にしているのは子供たちと遊ぶ事、そして睡眠、食事、その次は映画や小説などからクリエイティブなインプットを受け、それら全てが終わり次第、自身やプロジェクトに関連付く様々なゲームをプレイするそう。
もしもゲームが難しすぎた場合、スタッフに助けを求める事も。
Remedy EntertainmentのQuantum Breakについて「素晴らしいゲーム」とポロリ。

 

下記の動画にて、小島監督へのQ&Aセッションの全容が見れます。

via-
http://www.dualshockers.com/2016/05/19/hideo-kojima-will-talk-about-his-game-as-soon-as-possible-will-use-a-third-party-engine/